ご宿泊予約

リッチモンド会員予約 一般WEB予約 予約確認・変更・キャンセル

ご宿泊プラン一覧

会員のお客様 一般のお客様 予約確認・変更・キャンセル

検索

空室確認検索や、プラン一覧は
下記ボタンからご確認いただけます。

会員のお客様 一般のお客様 予約確認・変更・キャンセル

Blog News

日々の出来事やイベント情報など旬の情報をお届けいたします!

2020/05/02 スタッフブログ

5月3日は憲法記念日

※画像はイメージです。フリー画像より引用しています。
 
 
 
いつもリッチモンドホテル東京水道橋のブログをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。
本日は、明日5月3日が憲法記念日ということでこのことに注目してお話させていただきます。憲法記念日とは1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行されたことを記念して1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法について制定されたものであります。ゴールデンウィークを構成する日の1つでもあります。今では皆様が毎年過ごされる親しい記念日ですが当時はこれについて様々な議論があったそうです。日本国憲法をいつ施行するか考えた当初、5月5日は節句の日で日本人になじみがあるものの、男の子を祝う日であるため、男女平等を謳う日本国憲法にそぐわないといった事情がありました。しかし、間をとって3日ならどうかということで方針が固まり、11月3日に公布され、5月3日に施行が決まりました。海外では同時期にメーデーという祝日があります。メーデーは5月1日で、憲法記念日と2日違いです。元々ヨーロッパにある夏の訪れを祝うという風習が変化してメーデーになったといわれています。メーデーは、1886年に現在のアメリカ労働総同盟である合衆国カナダ職能労働組合連盟が起こしたストライキが始まりであり、今ではメーデーは世界80ヶ国以上で祝日に制定されています。しかし、日本は5月1日の前後にゴールデンウィークがあることや、勤労感謝の日との兼ね合いが難しいという声もあり祝日になっていません。親しみがあるこの憲法記念日にはこのようなエピソードがあったそうです。皆様もぜひ様々な記念日について調べてみてはいかがでしょうか。
 
 
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
ひとと自然にやさしい、常にお客さまのために
進化するホテルを目指しています。
くつろぎのプライベートタイムをお過ごしください。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 
本日も最後までお読みくださいまして誠にありがとうございます。
水道橋・後楽園エリアにお越しの際は、ぜひリッチモンドホテル東京水道橋へお越しくださいませ!
皆様にお会いできるのをスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。